« 草とり(足したもの) | トップページ | 甲子園、7点差で絶望的状況なのに凄い楽 »

2017年8月11日 (金)

徒歩徒歩亭

備忘録。
新宿区の「徒歩徒歩亭」で食べました。
食べたのは「雲呑麺 ド油」。
オーダー制。支払いは店中ほどのレジで。
水は用意してくれる。不足分は、お店の方に願いする形。
ちなみに水は、ジャスミン茶かな?
麺は、細麺ストレート。
スープは、鶏ダシ。
具は、メンマ、チャーシュー、ネギ、のり、雲呑。
甘口の油が全体にしみていて、麺も雲呑も、そこをベースに味付けが展開されている。
麺は極細で、豚骨ラーメンのような細さだけれど、硬さは正反対で、柔らかい。これが特徴となっていて、うまくいえないけれど、変に格式張っているわけでもなく、かといって手を抜いているわけでもなく、油のスープにもよく絡むけれど主張はしすぎず、食感を楽しむようなコシがあるとかパキパキであるとかいうわけでもないのに、ないという選択肢はありえないといような、空気のような存在感で、なんともいえず良い。
具の中では雲呑の存在感が圧倒的。中の肉はしっかりとその存在を主張していて、お情け程度に入っているようなものとは違い、それ単体でも主役が張れるもの。香料は何かわからなかったけれど、それが後味をスッキリとさせ、また一個、もう一個と箸を進めたくなる。
どちらかというと、主役雲呑、その魅力を引き出す麺といったパワーバランスかもしれない。けれど、それぞれ互いにケンカすることなくまとめているのはさすがといったところ。
塩も食してみたいなぁ。
あと、メインはもしかしたらお粥なのかもしれないので、そちらも試してみたいなぁ。
食後はそのまま退席しておっけい。

« 草とり(足したもの) | トップページ | 甲子園、7点差で絶望的状況なのに凄い楽 »